院長プロフィール

わだゆうこ眼科クリニック院長 和田裕子 略歴・所属学会等

学歴

昭和 60年 3月 大分県立高田高等学校卒業
61年 4月 秋田大学医学部入学
平成 4年 3月 秋田大学医学部卒業

職歴

平成 4年 4月 東北大学眼科研修医
5年 4月 国立仙台病院研修医
6年 4月 東北大学眼科医員
8年 10月 公立刈田綜合病院勤務
11年 6月 東北大学眼科助手
14年 7月 文部省在外研究員ハーバード大学留学
(Massachusetts Eye and Ear Infirmary)
15年 2月 COE拠点メンバー 男女共同参画社会の法と政策
16年 10月 東北大学眼科学教室講師
17年 7月 ハーバード大学留学(Schepens Retina Associates)
18年 4月 厚生労働省 網膜脈絡膜視神経萎縮調査研究班 班員
19年 3月 東北大学眼科学教室退職
4月 クリニック開業
4月 順天堂大学非常勤講師
4月 独立行政法人理化学研究所
神戸研究所 発生・再生科学総合研究センター
網膜再生医療研究チーム 客員研究員

学位

平成 11年 3月 医学博士取得

賞罰

平成 11年 12月 東北大学医学部奨学賞銀賞
12年 6月 財団法人難病医学研究財団
研究海外派遣研究奨励助成事業 学術奨励賞
13年 3月 日本失予防協会奨励賞(研究助成)
5月 日本眼球銀行学術奨励賞(海外助成)
14年 7月 宮城県女医会賞
15年 4月 日本眼科学会学術奨励賞
10月 長寿科学振興財団奨励賞
10月 日本網膜色素変性協会学術奨励賞(研究助成)
24年 The Best Doctors in Japan 2012-2013に選出されました。
26年 The Best Doctors in Japan 2014-2015に選出されました。
  • 画像:The Best Doctors in Japan 2012-2013
  • 画像:The Best Doctors in Japan 2014-2015

所属学会

  • 日本眼科学会
  • 網膜硝子体学会
  • 日本眼科医会
  • The Association for Research in Vision and Ophthalmology
  • 日本臨床視覚電気生理学会

研究

網膜色素変性をはじめとする遺伝性網膜変性疾患を専門とする

上へ戻る

わだゆうこ眼科クリニック院長 和田裕子 業績集

著書

英文

  • 1. Wada Y, Tamai M. What do the moon and stars look like at night? The mechanisms of vision and retinitis pigmentosa Distributed by IGAKU-SHOIN Ltd.

和文

  • 2.眼科検査のグノーティ・セアウトン この検査では、ここが見えない
    分担執筆 網膜色素変性関連疾患をどう見分けるか?
  • 3.和田裕子 難病の診断と治療指針 37 網膜色素変性 六法出版 395-401
  • 4.和田裕子、玉井信 難病の最新情報 疫学から臨床ケアまで 南山堂 63) 網膜色素変性症 218-221
  • 5.和田裕子、玉井信 星空がみたい!物を見る仕組みと網膜色素変性症がおきるメカニズム 医学書院
  • 6.和田裕子 特集:関連遺伝子?最近の知見と今後の展望? 網膜色素変性・ジストロフィ 眼科特集企画
  • 7.和田裕子、玉井信 網膜の遺伝病 医学書院
  • 8.眼科プラクティス 12 眼底アトラス 分担執筆

原著

英文

  • 9. Jin ZB, Mandai M, Yokota T, Higuchi K, Ohmori K, Ohtsuki F, Takakura S, Itabashi T, Wada Y, Akimoto M, Ooto S, Suzuki T, Hirami Y, Ikeda H, Kawagoe N, Oishi A, Ichiyama S, Takahashi M, Yoshimura N, Kosugi S. Identifying Pathogenic Genetic Background of Simplex or Multiplex Retinitis Pigmentosa Patients: A Large-Scale Mutation Screening Study. J Med Genet. 2008 Feb 29.
  • 10. Miyazawa A, Fuse N, Mengkegale M, Ryu M, Seimiya M, Wada Y, Nishida K. Association between primary open-angle glaucoma and WDR36 DNA sequence variants in Japanese. Mol Vis. 2007;13:1912-9.
  • 11. Kunikata H, Tomita H, Abe T, Murata H, Sagara Y, Sato H, Wada Y, Fuse N, Nakagawa Y, Tamai M, Nishida K.Hypothermia protects cultured human retinal pigment epithelial cells against i ndocyanine green toxicity.J Ocul Pharmacol Ther. 2007;23:35-9.
  • 12. Tada A, Wada Y, Sato H, Itabashi T, Kawamura M, Tamai M, Nishida K. Screening of the MERTK gene for mutations in Japanese patients with autosomal recessive retinitis pigmentosa. Mol Vis. 2006;12:441-4.
  • 13. Kunikata H, Tomita H, Murata H, Sagara Y, Sato H, Wada Y, Fuse N, Nakagawa Y, Abe T, Tamai M. Hypothermia protects cultured human retinal pigment epithelial cells against trypan blue toxicity. Ophthalmologica. 2006;220:114-7. A
  • 14. Sato H, Wada Y, Itabashi T, Nakamura M, Kawamura M, Tamai M. Mutations in the pre-mRNA splicing gene, PRPF31, in Japanese Families with Autosomal Dominant Retinitis Pigmentosa Am J Ophthalmol. Am J Ophthalmol. 2005 Sep;140(3):537-40.
  • 15. Yokokura S, Wada Y, Nakai S, Sato H, Yao R, Yamanaka H, Ito S, Sagara Y, Takahashi M, Nakamura Y, Makoto Tamai M, Tetsuo Noda T Targeted Disruption of FSCN2 Gene Induces Retinopathy in Mice Invest Ophthalmol Vis Sci.2005;46:2905-2915.
  • 16. Wada Y, Tada A, Itabashi T ,Kawamura M, Sato H, Tamai M. Screening for Mutations in the IMPDH1 Gene in Japanese Patients With Autosomal Dominant Retinitis Pigmentosa Am J Ophthalmol. 2005;140:163-165.
  • 17. Wada Y, Sandberg MA, McGee TL, Stillberger MA, Berson EL, Dryja TP. Screen of the IMPDH1 Gene among Patients with Dominant Retinitis Pigmentosa and Clinical Features Associated with the Most Common Mutation, Asp226Asn. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2005;46:1735-41.
  • 18. Wada Y, Itabashi T, Sato H, Kawamura M, Tada A, Tamai M. Screening for Mutations in CYP4V2 Gene in Japanese Patients With Bietti's Crystalline Corneoretinal Dystrophy. Am J Ophthalmol. 2005;139:894-9.
  • 19. Wada Y, Itabashi T, Sato H, Tamai M. Clinical features of a Japanese family with autosomal dominant retinitis pigmentosa associated with a Thr494Met mutation in the HPRP3 gene. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2004;242:956-61.
  • 20. Itabashi T, Wada Y, Sato H, Kawamura M, Shiono T, Tamai M. Novel 615delC mutation in the CRX gene in a Japanese family with cone-rod dystrophy. Am J Ophthalmol. 2004;138:876-7.
  • 21. Itabashi T, Wada Y, Kawamura M, Sato H, Tamai M. Clinical features of Japanese families with a 402delT or a 555-556delAG mutation in choroideremia gene.Retina. 2004;24:940-5.
  • 22. Itabashi T, Wada Y, Sato H, Kawamura M, Shiono T, Tamai M. Novel 615delC mutation in the CRX gene in a Japanese family with cone-rod dystrophy. Am J Ophthalmol. 2004;138:876-7.
  • 23. Tamai M, Kunikata H, Itabashi T, Kawamura M, Saigo Y, Sato H, Wada Y, Nakagawa Y. An instrument capable of grading visual function: results from patients with retinitis pigmentosa. Tohoku J Exp Med. 2004;203:305-12.
  • 24. Kawamura M, Wada Y, Noda Y, Itabashi T, Ogawa S, Sato H, Tanaka K, Ishibashi T, Tamai M. Novel 2336-2337delCT mutation in RP1 gene in a Japanese family with autosomal dominant retinitis pigmentosa. Am J Ophthalmol. 2004;137:1137-9.
  • 25. Wada Y, Abe T, Itabashi T, Sato H, Kawamura M, Tamai M. Autosomal dominant macular degeneration associated with 208delG mutation in the FSCN2 gene. Arch Ophthalmol. 2003;121:1613-20.
  • 26. Itabashi T, Wada Y, Sato H, Kunikata H, Kawamura M, Tamai M. Ocular findings in a Japanese family with an Arg41Trp mutation of the CRX gene. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 2003;241(7):535-40.
  • 27. Sato H, Wada Y, Abe T, Kawamura M, Wakusawa R, Tamai M. Retinitis pigmentosa associated with ectopia lentis. Arch Ophthalmol. 120:852-854, 2002.
  • 28. Wada Y, Abe T, Sato H, Tamai M. Clinical variability of Japanese patients with mutations of the RDH5 gene. In "Retinal Degenerative Diseases and Experimental Therapy",ed, J.Hollyfield, R.Anderson and M.LaVAil. Plenum Publishing Corporation, New York 23-28, 2002
  • 29. Wada Y, Abe T, Takeshita T, Sato T, Tamai M. Mutation of Human Retinal fascin gene (FSCN2) causes autosomal dominant retinitis pigmentosa.Invest.Ophthalmol.Vis.Sci 42:2395-2410, 2001.
  • 30. Wada Y, Abe T, Sato H, Tamai M. A Novel Gly35Ser Mutation in the RDH5 Gene in a Japanese Family with Fundus albipunctatus Associated with Cone Dystrophy. Arch Ophthalmol. 119:1059-1063, 2001.
  • 31. Suuki T, Takahashi K, Kuwahara S,Takahashi K, Wada Y, Tamai M. A novel (Pro79Thr) mutation in the FKHL7 gene in a Japanese family with Axenfeld-Rieger syndrome. Am J Ophthalmol. 2001;132:572-5.
  • 32. Wada Y, Abe T, Fuse N Tamai M. A Frequent 1085delC/insGAAG Mutations in the RDH5 Gene of the Japanese Patients with Fundus Albipunctatus. Invest.Ophthalmol.Vis.Sci41: 1894-1897, 2000
  • 33. Wada Y, Nakazawa M, Abe T, Tamai M. A new Leu253Arg mutation in the RP2 gene in a Japanese family with X-linked retinitis pigmentosa. Invest.Ophthalmol.Vis.Sci41: 290-293, 2000.
  • 34. Abe T, Tsuda T, Yoshida M, Wada Y, Kano T, Itoyama Y, Tamai M. Macular degeneration associated with aberrant expansion of trinucleotide repeat of the SCA7 gene in 2 Japanese families. Arch Ophthalmol.118: 1415-1421, 2000.
  • 35. Abe T, Yoshida M, Tomita H, Kano T, Nakagawa Y, Sato M, Wada Y, Fuse N, Yamada T, Tamai M. Functional analysis after auto iris pigment epithelial cell transplantation in patients with age-related macular degeneration. Tohoku J Exp. Med 1189: 295-305, 2000.
  • 36. Fuse N, Suzuki T, Wada Y, Yoshida M, Shimura M, Abe T, Nakazawa M, Tamai M. Molecular Genetic analysis of ABCR gene in Japanese Dry form age related maculardegeneration. Jpn Ophthalmol.44: 245-249, 2000
  • 37. Wada Y, Nakazawa M, Abe T, Shiono T and Tamai M. Specular microscopic findings of corneal deposits in patients with Biettis crystalline corneal retinal dystrophy. Br. J. Ophthalmol.83: 1098, 1999.
  • 38. Wada Y, Nakazawa M, Abe T, Tamai M. mRNA analysis in Oguchi patients with 1147delA mutation in the arrestin gene. In "Retinal Degenerative Diseases and Experimental Therapy", ed, J.Hollyfield, R.Anderson and M.LaVAil Plenum Publishing Corporation, New York, 151-156, 1999
  • 39. Wada Y, Nakazawa M, Abe T and Tamai M. Ectopic transcription and mRNA editing in the human arrestin gene. J Jpn Ophthalmol. 43:295-299, 1999.
  • 40. Nakazawa M, Wada Y, And Tamai MA homozygous 1-Base Pair Deletion(1147delA) in the Arrestin Gene in Autosomal Recessive Retinitis pigmentosa. In "Retinal Degenerative Diseases and Experimental Therapy", ed, J. Hollyfield, R Anderson and M. LaVAil Plenum Publishing Corporation, New York, 145-150, 1999.
  • 41. Nakazawa M, Wada Y, Chida Y, Tamai M.Genotype-phenotype correlation of autosomal dominant retinal degeneration with mutations in the peripherin/RDS gene. Molecular Medicine, 45-52, 1999.
  • 42. Nakazawa M, Wada Y, and Tamai M. Arrestin gene mutations in autosomal recessive retinitis pigmentosa. Arch Ophthalmol.116: 498-501, 1998.
  • 43. Nakazawa M, Wada Y, and Tamai M. A correlation between computer-predicted changes in secondary structure and phenotype of retinal degenerations associated with mutation in peripherin/RDS. Current Eye Res.16: 1134-1141, 1997.
  • 44. Nakazawa M, Wada Y, Fuchs S, Gal A, and Tamai M. Oguchi disease: Phenotypic characteristics of patients with the frequent 1147delA. Retina 17: 17-22, 1997.
  • 45. Wada Y, Nakazawa M, and Tamai M. A patient with progressive retinal degeneration associated with homozygous 1147delA mutation in the arrestin gene.In "Degenerative Retina Diseases" , ed. M. LaVAil, R Anderson and J. Hollyfield Plenum Publishing Corporation, New York, pp. 319-322, 1997.
  • 46. Nakazawa M, Kikawa E, Chida Y, Wada Y, Shiono T, and Tamai M. Autosomal dominant cone-rod dystrophy associated with mutation in codon 244 (Asn244His) and codon184 (Tyr184Ser) of the peripherin/RDS gene. Arch Ophthalmol.114: 72-78, 1996.
  • 47. Nakazawa M., Xu S, Gal A, Wada Y, and Tamai M. Variable expressivity in a Japanese family with autosomal dominant retinitis pigmentosa closely linked to chromosome 19q. Arch Ophthalmol.114: 318-322, 1996.
  • 48. Nakazawa M, Naoi N, Wada Y, Nakazaki S, Maruiwa F, Sawada A and Tamai M. Autosomal dominant cone-rod dystrophy associated with a Val200Glu mutation of the peripherin/RDS gene. Retina 16:405-410, 1996.
  • 49. Nakazawa M, Kikawa E, Chida Y, Kamio K, Wada Y, Shiono T, and Tamai M. Genotype-phenotype correlation in autosomal dominant retinal degeneration with mutations in the peripherin/RDS gene. In "Degenerative Diseases of the Retina" , ed. R. Anderson, M. LaVAil, and J. Hollyfield Plenum Publishing Corporation, New York, pp. 285-292, 1995.
  • 50. Fujii N, Shiono T, Wada Y, Nakazawa M, Tamai M, and Yamada N. Autosomal dominant cone-rod dystrophy with negative electroretinogram. Br J Ophthalmol.79: 916-921, 1995.
  • 51. Nakazawa M, Wada Y, and Tamai M. Macular dystrophy associated with monogenic Arg172Trp mutation of the peripherin/RDS gene in a Japanese Family. Retina 15: 518-523, 1995.

上へ戻る

和文

  • 52. 和田裕子 CYP4V2 遺伝子異常とは 臨床眼科 59,800-802,2005
  • 53. 和田裕子、玉井信 CYP4V2遺伝子異常とクリスタリン網膜症(3) 臨床眼科 59,412-414, 2005
  • 54. 和田裕子、玉井信 CYP4V2遺伝子異常とクリスタリン網膜症(2) 臨床眼科 59,258-260, 2005
  • 55. 和田裕子、玉井信 CYP4V2遺伝子異常とクリスタリン網膜症(1) 臨床眼科 59,166-168, 2005
  • 56. 板橋俊隆、和田裕子、玉井信 RPGR遺伝子異常による網膜変性(3)ー450-466del17bp 変異とX染色体劣性網膜色素変性ー 臨床眼科 59,18-20, 2005
  • 57. 板橋俊隆、和田裕子、玉井信 RPGR遺伝子異常による網膜変性(2)ーThr255Ile変異とX染色体劣性網膜色素変性ー 臨床眼科 58,2250-2252, 2004
  • 58. 板橋俊隆、和田裕子、玉井信 RPGR遺伝子異常による網膜変性(1)ーg.ORF15+249delC変異とX染色体劣性網膜色素変性ー 臨床眼科 58,2027-2072, 2004
  • 59. 板橋俊隆、和田裕子、玉井信 RPGR遺伝子異常による網膜変性 ーRPGR遺伝子とは何かー 臨床眼科 58,1884-1885, 2004
  • 60. 川村后幸、和田裕子、田中憲児、玉井信 RP1遺伝子異常と網膜変性(1) 臨床眼科 58,1624-1626, 2004
  • 61. 板橋俊隆、和田裕子、玉井信 CRX遺伝子異常による網膜変性 ー615delC変異と錐体杵体ジストロフィー 臨床眼科 58,1384-1386, 2004
  • 62. 板橋俊隆、和田裕子、菊地未来、玉井信 Rep-1遺伝子異常による網膜変性 ー402delT変異とコロイデレミアー 臨床眼科 58,892-895, 2004
  • 63. 和田裕子、玉井信 HPRP3遺伝子異常と網膜変性(1) 臨床眼科 58,1132-1134, 2004
  • 64. 板橋俊隆、和田裕子、菊地未来、玉井信 Rep-1遺伝子異常による網膜変性 ー402delT変異とコロイデレミアー 臨床眼科 58,892-895, 2004
  • 65. 多田麻子、和田裕子、玉井信 XLRS1遺伝子異常と網膜分離症(11) 臨床眼科 58,420-422, 2004
  • 66. 和田裕子、佐藤肇、玉井信 XLRS1遺伝子異常と網膜分離症(10) 臨床眼科 58,262-264, 2004
  • 67. 和田裕子、新林佐知子、玉井信 XLRS1遺伝子異常と網膜分離症(9) 臨床眼科 58,130-132, 2004
  • 68. 和田裕子、玉井信 FSCN2遺伝子異常と網膜変性(5) 臨床眼科 58,16-18, 2004
  • 69. 菊地未来、和田裕子、阿部俊明、玉井信 ミトコンドリア遺伝子異常(2) 臨床眼科 58,662-664, 2004
  • 70. 和田裕子、板橋俊隆、玉井信 Peripherin/RDS遺伝子異常と網膜変性(10)〜 Aarg172Trp変異をもつ常染色体優性錐体桿体ジストロフィの一家系〜 臨床眼科 57,1656-1658, 2003
  • 71. 和田裕子 網膜色素変性症の病態(1)〜遺伝子解析を中心に〜 臨床眼科 57,1522-1528, 2003
  • 72. 和田裕子、板橋俊隆、玉井信 Peripherin/RDS遺伝子異常による網膜変性(9)〜 Arg172trp変異をもつ常染色体優性黄斑変性の一家系〜 臨床眼科 57,1578-1580, 2003
  • 73. 板橋俊隆、和田裕子、玉井信 CRX遺伝子異常と網膜変性(2)〜Arg4Trpp変異と Arg43Cys変異をもつ錐体桿体ジストロフィの2家系〜 臨床眼科 57,1420-1423, 2003
  • 74. 板橋俊隆、和田裕子、玉井信 CRX遺伝子異常と網膜変性(1)〜Arg41Trp変異と常染色体優性錐体桿体ジストロフィ〜 臨床眼科 57,1333-1338, 2003
  • 75. 和田裕子 日本人常染色体優性網膜色素変性の分子遺伝学的検討日本眼科学会雑誌 107巻11号:687-694, 2003
  • 76. 和田裕子、玉井信 ロドプシン遺伝子異常と網膜色素変性(2)〜ロドプシン遺伝子Glu181Lys変異を認めた常染色体優性網膜色素変性〜 臨床眼科 57,1169-1172, 2003
  • 77. 鈴木健史、和田裕子、玉井信 PAX6遺伝子異常と無虹彩症(4) 臨床眼科 57,926-930, 2003
  • 78. 鈴木健史、和田裕子、玉井信 PAX6遺伝子異常と無虹彩症(3) 臨床眼科 57,658-661, 2003
  • 79. 鈴木健史、和田裕子、玉井信 PAX6遺伝子異常と無虹彩症(2) 臨床眼科 57,405-408, 2003
  • 80. 鈴木健史、和田裕子、玉井信 PAX6遺伝子異常と無虹彩症(1) 臨床眼科 57,229-231, 2003
  • 81. 和田裕子 ハーバード便り(2) 臨床眼科 57,110-111, 2003
  • 82. 和田裕子 ハーバード便り(1) 臨床眼科 57,15-17, 2003
  • 83. 和田裕子、玉井信 FSCN2遺伝子異常とは 臨床眼科56:1754-1755, 2002
  • 84. 和田裕子、玉井信 FSCN2遺伝子異常と網膜変性(3) 臨床眼科 56: 1691-1693, 2002
  • 85. 和田裕子、玉井信 FSCN2遺伝子異常と網膜変性(2) 臨床眼科 56:1529-1531, 2002
  • 86. 玉井洋、和田裕子、阿部俊明、玉井信 網膜色素変性に伴う嚢胞様黄斑浮腫と硝子体手術 臨床眼科 56:1443-1446, 2002
  • 87. 和田裕子、玉井信 FSCN2遺伝子異常と網膜変性(1) 臨床眼科 56:1422-1424, 2002
  • 88. 秋山博、中川陽一、高橋佳奈、和田裕子、玉井信 Low Vision Evaluator(LoVE)による周辺残存視野の評価 臨床眼科 56:1377-1381, 2002
  • 89. 和田裕子、玉井信 ペリフェリン/RDS遺伝子異常による網膜色素変性(8) 臨床眼科 56:1311-1313, 2002
  • 90. 川村后幸、和田裕子、佐藤肇、玉井信 HLA-B27陽性で網膜色素変性症を伴った1例 臨床眼科 56:1273-1276, 2002
  • 91. 和田裕子、玉井信 ミトコンドリア遺伝子異常とは 臨床眼科 56:1245-1246, 2002
  • 92. 和田裕子、玉井信 ミトコンドリア遺伝子異常と網膜変性(1) 臨床眼科 56:944-946, 2002
  • 93. 高橋佳奈、竹下孝之、和田裕子、玉井信 ミトコンドリア遺伝子異常(1) 臨床眼科 56:669-671, 2002
  • 94. 和田裕子、板橋俊隆、玉井信 XLRS1遺伝子異常と網膜分離症(8) 臨床眼科 56:398-401, 2002
  • 95. 和田裕子、玉井信 PR2遺伝子異常とは? 臨床眼科 56:218-202, 2002
  • 96. 和田裕子、玉井信 RP2遺伝子異常を伴ったX染色体劣性網膜色素変性の1家系 臨床眼科 56:109-111, 2002
  • 97. 和田裕子 網膜変性と遺伝子異常 日本の眼科 73:1585, 2002
  • 98. 和田裕子、板橋俊隆、玉井信 XLRS1遺伝子異常と網膜分離症(7) 臨床眼科 55:1946-1948, 2001
  • 99. 和田裕子、板橋俊隆、玉井信 XLRS1遺伝子異常と網膜分離症(6) 臨床眼科 55:1828--1829, 2001
  • 100. 和田裕子、玉井信 XLRS1遺伝子異常と網膜分離症(5) 臨床眼科 55:1710-1711, 2001
  • 101. 和田裕子、佐藤久恵、玉井信 XLRS1遺伝子異常と網膜分離症(4) 臨床眼科 55:1603-1605, 2001
  • 102. 和田裕子 網膜色素変性症 ーロドプシン遺伝子異常の発見から現在まで− あたらしい眼科 18:1297-1299, 2001
  • 103. 和田裕子、飯塚基史、玉井信 XLRS1遺伝子異常と網膜分離症(3) 臨床眼科 55:1495-1497, 2001
  • 104. 和田裕子、玉井信 XLRS1遺伝子異常と網膜分離症(2) 臨床眼科 55:1374-1376, 2001
  • 105. 和田裕子、玉井信 XLRS1遺伝子異常と網膜分離症(1) 臨床眼科 55:1044-1046, 2001
  • 106. 和田裕子、玉井信 RPE65遺伝子異常と網膜変性(2) RPH65 とは? 臨床眼科 55:724-725, 2001
  • 107. 鈴木健史、和田裕子、阿部俊明、相良淑子、玉井信 新規のPAX6遺伝子変異568delG を無虹彩症患者に認た日本人の1家系 臨床眼科 55:411-416, 2002
  • 108. 和田裕子、玉井信 RPE65遺伝子異常と網膜変性(1) 臨床眼科 55:401-403, 2001
  • 109. 和田裕子、玉井信 RDH5遺伝子異常と眼底白点症(3) 臨床眼科 55:255-257, 2001
  • 110. 和田裕子、玉井信 RDH5遺伝子異常と眼底白点症(2) 臨床眼科 55:141-143, 2001
  • 111. 和田裕子、玉井信 RDH5遺伝子異常と眼底白点症(1) 臨床眼科 55:65-68, 2001
  • 112. 和田裕子、中沢満、玉井信 アレスチン遺伝子異常と網膜変性(4) 臨床眼科 54:1885-1887, 2000
  • 113. 和田裕子、中沢満、玉井信 アレスチン遺伝子異常と網膜変性(3) 臨床眼科 54:1767-1779, 2000
  • 114. 和田裕子、玉井信 アレスチン遺伝子異常と網膜変性(2) 臨床眼科 54:1656-1658, 2000
  • 115. 和田裕子、中沢満、玉井信 アレスチン遺伝子異常と網膜変性(1) 臨床眼科 54:1541-1543, 2000
  • 116. 玉井信、和田裕子 ペリフェリン/RDS遺伝子異常による網膜色素変性(7) 臨床眼科 54:1420-1424, 2000
  • 117. 直井信久、中沢満、和田裕子、玉井信 ペリフェリン/RDS遺伝子異常による網膜色素変性(6) 臨床眼科 54:1322-1325, 2000
  • 118. 玉井信、和田裕子、中沢満 ペリフェリン/RDS遺伝子異常による網膜色素変性(5) 臨床眼科 54:1037-1039, 2000
  • 119. 玉井信、和田裕子、中沢満 ペリフェリン/RDS遺伝子異常による網膜色素変性(4) 臨床眼科 54:757-760, 2000
  • 120. 山田翼、中川陽一、和田裕子、玉井信 Low Vision Evaluator(LoVE)による網膜色素変性の視機能評価 臨床眼科54,516-520, 2000
  • 121. 玉井信、和田裕子、中沢満 ペリフェリン/RDS遺伝子異常による網膜色素変性(2) 臨床眼科 54:298-300, 2000
  • 122. 玉井信、和田裕子、中沢満 ペリフェリン/RDS遺伝子異常による網膜色素変性(1) 臨床眼科 54:236-238, 2000
  • 123. 玉井信、和田裕子 ロドプシン遺伝子異常による網膜変性(1) 臨床眼科 53:1962-1963, 1999
  • 124. 玉井信、和田裕子 患者の血液採取から遺伝子異常の証明まで 臨床眼科 53:1744-1745, 1999
  • 125. 山野辺聡、和田裕子、山田孝彦、玉井信 アトピー性皮膚炎に伴う眼疾患の手術成績の検討 臨床眼科 49:691-693, 1995

上へ戻る

その他

  • 126. 渡辺亜希,和田裕子,板橋俊隆,佐藤肇,川村后幸,遠藤麻衣,多田麻子,玉井信,大森芳,辻一郎 東北大学のおける網膜色素変性の実態調査 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 13-15, 2004
  • 127. 和田裕子、板橋俊隆、佐藤肇、川村后幸、多田麻子,遠藤麻衣,玉井信. 遺伝性網膜変性疾患の遺伝子解析と遺伝子異常をもつ症例の臨床像の検討~東北大学におけるまとめ〜 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 16-27, 2004
  • 128. 板橋俊隆,和田裕子,川村后幸,多田麻子,佐藤肇,遠藤麻衣,玉井信 クリスタリン網膜症患者の CYP4V2遺伝子変異検索 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 60-71, 2004
  • 129. 板橋俊隆、和田裕子、川瀬哲明、佐藤肇、川村后幸、玉井信 白内障術後の視力改善に伴い言葉の識別能力の改善を認めた2症例 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 115-117, 2003
  • 130. 佐藤肇、和田裕子、板橋俊隆、中村誠、川村后幸、玉井信. 日本人常染色体優性網膜色素変性患者におけるPRPF31遺伝子変異 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 112-113, 2003
  • 131. 和田裕子、板橋俊隆、佐藤肇、川村后幸、野田佳宏、中村誠、多田麻子、石橋達朗、玉井信 日本人常染色体優性網膜色素変性の分子遺伝学的検討および簡便な変異解析システムの試み 101−111, 2003
  • 132. 板橋俊隆、国方彦志、中川陽一、和田裕子、佐藤肇、川村后幸、西郷陽子、太田五月、遠藤五月、玉井信 LoVEを用いた小児の視機能評価 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 11-13, 2003
  • 133. 和田裕子、高橋真弓、多田麻子、板橋俊隆、阿部俊明、玉井信 I. Eliot L. Berson, Thaddeus P Dryja IMPDH1遺伝子異常の解析および臨床像の検討 〜人種差による変異の違いについて 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 42-44, 2003
  • 134. 板橋俊隆、和田裕子、佐藤肇、川村后幸、玉井信 CRX遺伝子Arg41Tr変異を認めた錐体ジストロフィーの1家系 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 106-108, 2002
  • 135. 和田裕子、板橋俊隆、川村后幸、佐藤肇、阿部俊明、玉井信 FSCN2遺伝子208delG変異をともなう錐体杆体ジストロフィーの2家系 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 125-132, 2002
  • 136. 和田裕子、竹下孝之、佐藤肇、阿部俊明、玉井信 日本人常染色体優性網膜色素変性の新規原因遺伝子の解明 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 176-183, 2001
  • 137. 川村后幸、和田裕子、板橋俊隆、中川陽一、玉井信 網膜色素変性症の患者における日常生活の難易度とLow Vision Evaluator(LoVE)スコアの関係 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 232-234, 2001
  • 138. 板橋俊隆、中川陽一、和田裕子、佐藤肇、川村后幸、玉井信 LoVE(Low Vision Evaluatorによる網膜色素変性治療薬(ヘレニエン)の評価 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 239-242, 2002
  • 139. 中川陽一、山田翼、和田裕子、佐藤肇、館花裕子、玉井信 全視野刺激型光覚測定装置LoVE (low Vision Evaluator) による重症網膜色素変性患者の視機能評価 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 75-78, 2000
  • 140. 和田裕子、佐藤肇、川村后幸、阿部俊明、玉井信 RDH5遺伝子1085delC/insGAAG 変異およびGly35Ser変異の臨床像の多様性 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 54-61, 2000
  • 141. 布施昇男、鈴木健史、和田裕子、吉田まどか、阿部俊明、玉井信、中沢満 萎縮型加齢黄斑変性におけるABCR遺伝子の解析 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 144-146, 1998
  • 142. 中沢満、和田裕子、玉井信、川崎良、山口克宏 アレスチン遺伝子異常を伴う網膜変性について 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 101-102, 1998
  • 143. 和田裕子、中沢満、阿部俊明、玉井信 日本人X染色体劣性網膜色素変性症におけるRP2遺伝子異常および臨床像の検索 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 107-109, 1998
  • 144. 中沢満、和田裕子、玉井信 ペリフェリン・RDS遺伝子異常と常染色体優性網膜変性症の臨床像との関連 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 70-73, 1997
  • 145. 和田裕子、中沢満、玉井信. 常染色体劣性網膜色素変性におけるアレスチン遺伝子異常 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 81-82, 1997
  • 146. 中沢満、和田裕子、玉井信 第19染色体に連鎖する常染色体優性網膜色素変性の1家系 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 180-181, 1995
  • 147. 和田裕子、中沢満、玉井信 日本人小口病におけるアレスチン遺伝子の高頻度変異とその臨床像 網膜脈絡膜萎縮調査研究班研究報告 203-204, 1995

上へ戻る

写真:エントランス

クリニックインフォメーション

わだゆうこ眼科クリニック
〒980-0011
仙台市青葉区上杉1-4-28
アップシーダービル3F
(宮城県庁すぐうら)
TEL : 022-395-7100